カテゴリー:歯科関連情報

  1. 上の歯と下の歯の噛み合わせの悪さは、不快な 顎関節症の主因のひとつではあるけれど、それ 以外にも因子が確かにあるはずだと認識される ように変わってきたようです。 通常の唾の働きは、口腔内の清掃と細菌の増殖 を防ぐことです。これだけ…

  2. ムシ歯がきっかけの知覚過敏は、虫歯がずい分 、病状が進行していると見做され、患部の痛み も連続しますが、そうでないときは、一過性の 容体で収束することが予想されます。 診療機材といったハードの側面において、現代 社会から請われてい…

  3. PMTCで、一般的な歯ブラシでの歯磨きで取 りきれない色素の汚れや、歯石を含まないカス 、ヤニなどを見事なまでに落とし切ります。 診療用の機材といったハードの側面については 、今の高齢化社会から切望されている、歯科医 師が自宅訪問…

  4. ムシ歯になる理由は、ミュータンス菌と名付け られた原因となる菌の作用なのです。一旦口の 中にムシ歯菌が発生したら、そのムシ歯菌を除 菌するのはとても難度の高い事なのです。 審美歯科治療として、このセラミックを利用す るには、例えば…

  5. 本来の歯に似せて作られた歯の離脱が難しくな いということは、年齢にともなって変わる歯や 顎のシチェーションに適した方法で、調節が実 行できるということです。 深い歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)には 、汚れた歯垢が簡単に蓄積しや…

  6. 大切なのは虫歯の病根である虫歯菌や歯周病菌 を乳児や幼児に近づけさせないためにも、結婚 や出産を間近に予定した女性は歯の治癒は、十 分に片付けておくべきだといえるでしょう。 初期の段階では歯周病の細菌が歯の表面にこび り付いてしま…

  7. ムシ歯になる理由は、ミュータンス菌として研 究されている大元の菌による感染によるもので す。口のなかに虫歯菌が付着してしまったら、 それをきれいに取り除くのは大変至難の業なの です。 普通は医師の数が多ければ、じっくりと患者さ …

  8. 虫歯を予防するには、単に歯みがきに偏重して いては難航し、肝心なのはこの虫歯を引き起こ す原因菌を排除することと、虫歯の病態の進行 を防ぐことの2つだとはっきり言えます。 長期間、歯を使用し続けていると、表面のエナ メル質はだんだ…

  9. 歯を長い間保持するには、PMTCはとても重 要なことであり、この治療が歯の施術の後の状 態を長々と保存できるかどうかに、多大な影響 を与えることも本当の事です。 是非心がけてほしいのは虫歯の原因となる虫歯 菌や歯周病菌を赤ちゃんに…

  10. 審美歯科治療の処置で、馴染み深いセラミック を用いるシチュエーションには、継ぎ歯の入替 えなどが使い方としてありますが、歯への詰め 物等にも一般的にセラミックを練りこむことが できるようです。 自分が気づかない間に、歯には割れ目が…

RETURN TOP