まず口腔内に矯正装置を取り付けし…。

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

歯表面にプラークがくっつき、それに唾液の成
分の中に入っているカルシウムやほかのミネラ
ルと呼ばれる成分が付着して歯石になるのです
が、その責任はプラークそのものです。
私たちの歯牙の表層を覆っている生体で最も硬
いエナメル質のすぐ下の部分から、口内環境の
指針である酸度が低くなりph(ペーハー)
5.5~5.7より小さくなると、歯を形成す
るリンやカルシウムが溶け出します。
診療機材等のハード面については、今の社会か
ら要望される、歯科医師が自宅訪問する歯科診
療の役目を果たす事ができるレベルには来てい
るということがいえます。
病気や仕事などで、疲労が蓄積して著しく体力
が衰えたり、栄養バランスの悪い食生活が続い
たりすると、健全とはいえない場合に変わった
としたら口内炎を発症しやすくなるのだそうで
す。
最近になって歯周病を引き起こす原因をシャッ
トアウトする事や、原因となる菌に感染したと
ころを洗浄することで、組織の新たな再生がで
きる歯科の技術が生み出されました。

よく知られている歯を白くするホワイトニング
処置は、歯の表層のエナメル質の汚れた物質等
をしっかりと掃除した後におこなうのですが、
自宅で実施できるホームホワイトニングとオフ
ィスホワイトニングという、2つの種類が選べ
ます。
カリソルブという薬剤は、分かりやすく説明す
れば「現代科学の技術で虫歯の患部のみを溶か
して治すお薬」です。それを用いても、虫歯以
外の歯の領域には全然影響のない治療薬です。

歯の矯正によって姿容の引け目から、心を痛め
ている人も明るさとプライドを取り返すことが
可能になるので、体の内と外の豊かな気持ちを
得られます。
半面、糖尿病の側面から鑑みると、歯周病によ
って血糖の制御が至難になり、それにより、糖
尿病の深刻化を招いてしまう懸念もあり得ます

歯のカラーはもともと純粋な白色ということは
まず無くて、それぞれ異なりますが、ほとんど
の人の歯のカラーは、黄色味が強かったり茶色
味が強い色に色が付着しているようです。

スポンサードリンク

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー