びっくりするかもしれませんが日本は予防において後進国と言われ…。

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ビオラ社のエムドゲインを歯周外科治療の時に
塗れば、最初に歯が生えてきた時の様子とよく
似た、強固にへばり付く歯周再生の推進が実現
します。
歯牙の表面を覆っている生体で最も硬いエナメ
ル質の真下あたりから、口腔内酸度が低くなり
ペーハー(PH)が5.5から5.7より弱
まると、歯を形成するカルシウムやリンが溶出
してしまいます。
長々と歯を使用し続けていると、歯の表層であ
るエナメル質は段々と減って脆くなってしまう
ので、なかにある象牙質の持つ色味がだんだん
透けて見えるようになります。
今では医療の技術開発が進歩し、驚くことに無
針注射器や様々なデンタルレーザー治療器を利
用することにより、大幅に痛みを減らせる「無
痛治療」という方法が開発されているのです。

審美の観点でも仮歯は大切なポイントです。両
目の間をまっすぐにつなぐ直線と前歯の端が平
行に走っていないと、まるで顔全体が歪んだイ
メージになります。

びっくりするかもしれませんが日本は予防にお
いて後進国と言われ、欧米人に比べても、日本
人の歯の寿命が縮まってきています。理由は明
白で歯の病気予防について自覚が違うのでしょ
う。
節制した生活を胸に刻み、唾液に拠った修復作
業をもっと助長するということを見極め、重要
な虫歯の防止に集中して考えるのがベターなの
です。
上の歯と下の歯の噛み合わせの狂いは、口の開
閉で痛みが生じる顎関節症の要因のひとつでは
あると考えられているものの、それとは違った
遠因があるのではと言われるように変わってき
たそうです。
口を開閉する事による筋肉の緊張を減らし、動
いてしまった顎関節の奥を正常値に改善するト
レーニングを取り入れたり、顎関節の動き方を
快適にする医学的なエクササイズを行います。

分泌物である唾液は、口腔内の掃除屋さんとも
言われるくらいに重要ですが、その分泌量が減
少してしまうのですから、口のなかのニオイが
ひどくなるのは、当たり前のことだとされてい
ます。

スポンサードリンク

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー