アーカイブ:2019年 1月22日

  1. 寝ている時は唾液を分泌する量が特に少なくな るので、歯を再び石灰化する作用が効かず、p hが不安定な口腔内の中性の環境をそのまま保 つことが難しくなるのです。 歯を矯正することによって見た目への自信がな く、心を煩わせている人も晴…

RETURN TOP