アーカイブ:2019年 1月4日

  1. 口を開け閉めする事による筋肉の緊張を和らげ 、曲がった顎関節の奥を正常化するリハビリを 実践したり、顎関節が動くのを快適にする医学 的な動作をおこないましょう。 審美歯科治療の現場において、普通のセラミッ クを使用する場合には、例…

RETURN TOP